某小説イベントで1位の作品に渡した挿絵
いつもと若干違うタッチでやわらかくがんばった